ボーズの大潮

ケ―タイ青春小説
 『 あたしの中の ア・イ・ツ 』
第75話 サービス
更新設定致しました。
サービスってのは、テニスのサーブの事です。
お時間宜しかったらどうぞ。

先日、電網浮遊都市アルファポリスサイト様からピックアップ宣伝をして戴きました。
アクセスして戴いた読者様方、ありがとうございました。
エロ無しですので、がっかりなされた方もいらっしゃるかとは思いますが……(汗)それでも気に入ってくださった方がお一人でもいらっしゃれば、作者それこそ本望です。

画像

画像

 上記作品はこちらに纏めています。
 ご訪問頂けると、作者小躍りしちゃうよん♪
   ↓
TOUCH-UP PAINT(補修剤)別館
画像
宜しくです。


本館HPはR15・18です。
15歳未満の方のご訪問はお断りいたします。
  ↓
画像



入院中、院内のコンビニの書籍コーナーに、足繁く通っていました。
抗癌剤のクスリのお陰(?)で、すっかり食欲と性欲と執筆意欲が無くなってしまいましたが、それでも情報に飢えていましたので。
で、ハマったのがこれ↓。


ウチのつりバカ父ちゃん ルアー激釣編 (廉価版) (ドンキーコミックス)
綜合図書
2011-04-13
カナマル ショウジ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウチのつりバカ父ちゃん ルアー激釣編 (廉価版) (ドンキーコミックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



絵も上手いけど、ストーリーが面白いっ!
すっかりその気にさせられてしまい、GWの潮を調べてみると、大潮ぢゃん!
これは釣りに行かねば!!!

ってなワケで、退院後のGWに子供達と釣りに行きましたが……
早朝、あくびを噛み殺しながら釣り糸を垂れてアタリを待つのですが、一向に釣れません。
ワタシ達と同じく、釣りに来ていた太公望はみんな全く釣れません。
大潮なのになんでだー???

しかも、長男が唯一釣った小ぶりのメバルを、デカいアオサギが狙って遣って来る始末。
「デケ~~~」
「こええ~こっち、来ンな~~~」
目の前数メートルまで近づいて来た、タッパ一メートル近くもある大サギの大接近にビクる子供たち。
「おまいも鳥なら自力で魚を獲って来いよ~」
情けないアオサギだなー。
家でもワンコに話掛けているワタシ。ラッキーくんはワタシの言葉をほぼ95%理解してくれているみたいですが、人間の言葉が理解出来ないだろう野生のアオサギへも、思わず話掛けてしまいました。

「釣れねーな……」
ぼそりと呟くワタシ。
眼前の海面すれすれにイワシの大群が泳いでいるのに、何故か全くエサに喰いついてくれません。
何か大きい魚に追われているのかも~……とは思ったのですが、結局息子たちも他の人たちも、全く釣れる気配はありませんでした。
せっかく早起きして来たのに~~~(涙)
滅多に釣りに来ない超初心者のこのワタシ。
大潮でも、やっぱ釣れないボーズの日ってあるんですねー。
 

この記事へのコメント