忘れないよ…ありがとう。

臆病で、ヘタレで……
とんでもなく犬らしくない……
イヤな事は決して妥協しようとしない頑固モノ……
そして、ワタシ達家族の一員だった……

生後五カ月で遺伝性の皮膚病になり、瀕死状態だったけど、ワタシ達家族の許へ還って来てくれた。
六歳のゴールデンウィークに膀胱結石になり、死にかけたけれど、ちゃんと戻って来てくれた。
だけど……
暫く良い状態が続いていたのに、今年になった途端、症状が悪化してしまいました。
ワタシ達家族に、沢山の大きな思い出を作って……
今日、最愛の息子が旅立って行きました。
去年の内視鏡検査では、慢性的な消化器官炎症だと言う結果でしたが、ラッキーを診てくれた三人の獣医さんは、口をそろえて「癌」だと。
信じられなかった。
ワタシもそうだから。
もしかしたら、ワタシが先に逝くかもしれないと、内心不安で堪らなかった。
ラッキーは、そんな不安を察したのかも知れない。

本当に今までありがとう!
お前は良く頑張って病気に立ち向かってくれた。
ヘタレなんかじゃなかったよ。
もう辛くないよな?

ワタシはお前にとって、良い飼い主になれていたのかな?
仕事を理由にあまり遊んであげられなかった。
体調が悪いのに、言う事を聞かないからと勘違いして怒った時もあった。
良い事ばかりじゃなかったかも知れないけれど、それでもワタシはラッキーと居られてとても幸せだったよ。
だって、お前も大切な家族の一員だから。
いつかは別れの時が来るとは判っているけれど……

「さよなら」なんか言わないよ。
ワタシの心の中にお前はいつでも居るよ。
今までも、そしてこれからも、ずっとお前が大好きだよ。
いつまでもラッキーの事を忘れない。

ありがとう……

2012年01月28日 午後12時8分

 最愛の息子ラッキー、旅立つ。

画像

画像

この記事へのコメント